< 【コラム】IOLITE Report 2018年5月号 | 株式会社アイオライト
より良いITシステムを早く安く作る方法について

より良いITシステムを早く安く作る方法について

2018年 5月号

今の時代、どのような会社でもITシステムは重要な役割を果たしております。だからこそ、そのシステムに問題点や課題点を感じる場合もあります。業績向上を目指す際には、いろいろな角度から改善改良を検討しますから、その一つとしてITシステムについても検討することは当然であると思います。業務の成長と共に業務ITシステムを見直すという時には、今まで以上の機能や性能の他、更なる利便性や同業他社の負けない仕組みを盛り込もうとします。それは改良改善という観点で当たり前のことであります。また、それに加えてそのような良いITシステムを安く早く作ろうという工夫やアイデアも考え始めるものです。ITシステムを担当する部著やメンバーにとって、それは重要な仕事になります。

そこで、より良いITシステムを早く安く作る方法の一つが、業界特有の業務知識を持つIT会社とパートナーを組む事です。言い換えれば、その業界のITシステムを成功させた実績のあるIT会社とのパートナーシップです。それは非常にシンプルであり、ベストな方法です。

各会社にはそれぞれの会社特有の業務のルールや仕事のフローがあります。自分達では当然であると考えていることがソフトウェアを開発する業者には初めてのことで、そのことを理解するまでにどうしても時間を必要とします。理解する為に繰り返し行う設計開発のフェーズが要件定義フェーズや基本設計フェーズです。実はこのフェーズはシステム開発全体から見たときにとても重要な部分を占めるので、決して省いたりしてはなりません。発注側も受注側も手を抜く事などは厳禁となるフェーズです。

だからこそ、高度な知識や技術、慎重な作業を要する重要なフェーズにおいて、豊富な成功実績のあるSEやプロジェクトチームの存在が新たなシステムの開発を成功に導くことができるのです。より良い成果をより早く実現できることに加えて、無駄な作業工数を効果的に少なくすることで、プロジェクト全体への負担を軽減する効果があります。それはコストを軽減する効果と同様の意味合いを持ちます。自分たちの会社や業界の知識を豊富に持ち合わせ、今までお客様の成功のために尽力した業績のあるITパートナーを見つけることが、今後のITシステムの改良改善の成功への道のりの一つになるという考え方もあるのではないでしょうか。